認知症、うつ病、統合失調症などの精神疾患の医療機関

医療法人 淵野会

097-592-2181

理 念

「歩み入る者に安らぎを、去り行く人に幸せを。」


これは、ドイツ中世の町ローテンプルクのシュピタル(ホスピタル)の門の石刻の言葉です。 私たちは、「病める人にあたたかい手を差し伸べ、支え、癒し、安らぎと幸せを与える。」 心の通う医療を提供します。


医療法人 淵野会 理事長 渕野 勝弘


基本方針

1.患者さま本位の医療と看護を実践します。

2.患者さまの人権尊重と医療倫理の遵守による安心できる質の高い医療を創造していきます。

3.地域社会に貢献できる病院を目指します。

特色

当法人は、昭和40年に精神科の病院として渕野病院を開設し、昭和55年に認知症専門病院として緑ヶ丘保養園を開設、以来介護老人保健施設や統合失調症の方のグループホーム等を併設し、機能の充実を図ってきました。

渕野病院は、関アジ・関サバで有名な豊予海峡、および風光明媚な別府湾に面した安らぎの環境にあり、かつ交通の面では、JR日豊本線坂ノ市駅より徒歩3分という、通院には大変便利な立地といえます。病院周辺の区画整理事業も完了し整然と清潔感のある町並みに変貌し、入院患者さまの療養環境も大きく向上しています。

また、緑ヶ丘保養園は小高い丘の上にあり、大分市街が一望できる景観で、近隣にはキャノンが自然環境に配慮した最新鋭の工場群を建設し、一大情報集積地帯に変わりました。

地域の方々とのふれあいを通じて、精神医療への理解を深めるよう努力しています。

また平成18年より訪問看護を始め、退院後のケアの充実にも力を入れ、常にサポートできる体制を作っています。

今後も患者さまの立場を心がけ、ご満足いただけるよう更なるサービス向上を目指します。

淵野会の沿革はこちら≫